日焼け後の上手な洗顔方法とは?

海水浴や冬場のスキーに行くと日焼けが起こります。また夏場ならハイキングなど屋外のレジャーでも日焼けは避けられないでしょう。

日焼け後は刺激の少ない洗顔料かぬるま湯だけで顔を洗う

40代洗顔料日焼け後の洗顔料

日焼け止めをしっかり行ってもまったく日焼けしないで済ませるというわけにはなかなかいかないため、日焼けした後のケアをしっかり行っていくことが大事です。

 

とくに40代になるともともと紫外線に敏感な状態になってしまっているほか、ターンオーバーが遅れがちになることでシミになりやすい状態なので日焼け前後の入念なケアが欠かせません

 

そんな日焼け後のケアの中でもポイントなのが洗顔です。何しろ紫外線のダメージを受けた直後なのですから、洗顔でさらに刺激を与えてしまうとますます肌環境が悪化してしまう恐れがあります。最小限のケアで汚れを落とすためのケアを心がけましょう。

 

この点は日焼けの状態によっても異なりますが、肌がヒリヒリするくらい日焼けしてしまっている場合には当日は洗顔料を使用せずにぬるま湯で洗うのみで済ませた方がよいでしょう

 

それほど強くない場合には当日に洗顔しても大丈夫ですが、普段使用している洗顔料よりも低刺激なもの、敏感肌用の洗顔料を使用するなどの工夫が大事です。またよく泡立てたうえで指で肌を擦らないよう注意して洗っていくのも大事な点です。

日焼け後は固形石鹸とぬるま湯で刺激を与えないように洗顔する

40代洗顔料日焼け後の洗顔料

フォームタイプの洗顔料よりも固形石鹸の方が泡立ちやすく、泡が長持ちするのでおススメです。フォームタイプはすぐに泡だって使いやすいのですが泡があまり長く持たないので洗っているうちに泡がなくなっていつのまにか指で擦って洗ってしまっている、というケースも見られます。

 

指は軽く皮膚に当てる程度、あとは泡の吸着力で落としていくよう心がけましょう。

 

先ほど触れましたがお湯はぬるま湯で、熱いお湯で刺激を与えすぎないよう注意が必要です。熱いお湯の方が泡立ちがよいので難しい部分もありますが、あくまで肌に刺激を与えないことが最優先です。その分いつもよりも泡立てるのにじっくりと手間と時間をかけることも大事です。

 

洗顔料を使用する前に水で皮膚を冷やしておくとよいでしょう。とくにヒリヒリしている場合は冷たいシャワーを当ててクールダウンするだけでも肌のダメージをかなり和らげることができます。この点もやはり汚れをしっかり落として洗顔料の泡立ちをよくしようとすぐにお湯をあててしまいがちなので注意しておきたい点です。

 

日焼けは軽度のやけどですから熱いお湯で刺激しないようにすること、摩擦による刺激を最小限に抑えること。この2点を忘れずにうまく洗顔を行っていきたいところです。
コスメルジュ編集部が選んだ40代におすすめの洗顔料>>

40代に使ってみたい人気の洗顔料

然 よかせっけん

よかせっけん

毛穴の悩みに2,400万個突破!@コスメ口コミ1位の完全無添加洗顔料
1,800円税別/定期コース1,705円・税別
更に詳しく見てみる>>

資生堂 プリオール オールクリア石鹸

資生堂 プリオール オールクリア石鹸

メーク落としもOK!洗うだけで乾燥小じわを目立たなくする洗顔石鹸
1,944円・税込
更に詳しく見てみる>>

ポーラ Dソープ

ポーラ Dソープ

40代の毛穴と乾燥のWトラブルを解消!ポーラの隠れたロングセラー商品
100g2,700円・税込
更に詳しく見てみる>>

いつかの石けん

いつかの石けん

毛穴の黒ずみを酵素の力で強力に洗い流す!製薬会社が作った洗顔石鹸
1600円・税別
更に詳しく見てみる>>