洗顔料にも美容成分が入っている方がいい?

スキンケアではいかに美容成分を肌に補うことができるかがもっとも重要だと考えられています。

洗顔で流された保湿成分などが補えるのが美容成分入り洗顔料のメリット

40代洗顔料美容成分入り洗顔料

とくに40代以上のエイジングケアでは老化の影響で体にもともと含まれている成分が減少していくため、それをしっかり補っていくことができるかが若々しい肌を保ちトラブルを防ぐための最大のポイントとされています。

 

そんなこともあってスキンケア製品ではさまざまな美容成分が配合されるようになっています。最新の研究に基づいた新しい成分、あるいは理想的な成分の組み合わせなども考慮されているわけですが、それだけでなく幅広い製品に美容成分が配合される機会も増えています。

 

かつて美容成分を補う手段といえばもっぱら美容液でしたが、現在では化粧水、クリーム、乳液にも配合されているのが当たり前になっており、スキンケアの過程全体で美容成分を補っていける環境になりつつあります。

 

その影響は洗顔料にも及んでおり、洗いながら美容成分を補える製品も増えています。

 

洗顔は汚れを落とすための重要な作業である一方、汚れと一緒に必要な皮脂やセラミドなどの大事な成分を洗い落としてしまう面もあるため、美容成分を補えばそのマイナス面を軽減できることになるわけですが、では実際のところ洗顔料にも美容成分が入っているほうがよいのか?どれだけメリットが得られるのか?といった点に関してはじつは賛否両論がある段階です。

 

美容成分を補うことができるのだから間違いなくメリットはある、という考えと洗顔料に美容成分を配合してもあまり意味はないという考えがあるのです。洗顔の最大の目的は言うまでもなく「落とす」ことです。

洗顔料に美容成分が配合されていても効果が得られにくいという意見もある

40代洗顔料美容成分入り洗顔料

汚れをしっかり落としながら有効成分を補う、ということがどれだけできるのか?有効成分を配合したところで浸透せずに汚れと一緒に洗い流されておしまいなのではないか、との意見も多いのです

 

少なくとも最初から補うことを目的に使用する化粧水や美容液に比べて美容効果はあまり期待できないのは間違いないでしょう。

 

それから洗顔の目的はあくまで汚れを落とすことにあるのだから、中途半端に美容成分を配合する必要はない、という意見もあります。たとえば肌に合わない、あるいは洗浄力が十分ではない場合、いくら美容成分が入っていてもスキンケア全体で考えるとマイナスです。

 

毛穴の汚れがしっかり除去された肌の方がその後の化粧水、美容液が浸透しやすく補った美容成分の効果が得られやすいからです。

 

ですから美容成分が入っているかどうかよりもまず洗顔料としての効果がしっかり備わり、自分に合っているかどうかを確認しておくことが第一、そのうえで「おまけ」程度でどんな美容成分が配合されているのかをチェックするべきでしょう。プラスにはなっても過剰な期待はしないほうがよい、というのが現時点での一般的な評価です。
コスメルジュ編集部が選んだ40代におすすめの洗顔料>>

40代に使ってみたい人気の洗顔料

然 よかせっけん

よかせっけん

毛穴の悩みに2,400万個突破!@コスメ口コミ1位の完全無添加洗顔料
1,800円税別/定期コース1,705円・税別
更に詳しく見てみる>>

資生堂 プリオール オールクリア石鹸

資生堂 プリオール オールクリア石鹸

メーク落としもOK!洗うだけで乾燥小じわを目立たなくする洗顔石鹸
1,944円・税込
更に詳しく見てみる>>

ポーラ Dソープ

ポーラ Dソープ

40代の毛穴と乾燥のWトラブルを解消!ポーラの隠れたロングセラー商品
100g2,700円・税込
更に詳しく見てみる>>

いつかの石けん

いつかの石けん

毛穴の黒ずみを酵素の力で強力に洗い流す!製薬会社が作った洗顔石鹸
1600円・税別
更に詳しく見てみる>>