弱酸性の洗顔料が肌に優しいのはどうして?

洗顔料をネット通販サイトなどでいろいろとチェックしていくとよく見かけることになるのが「弱酸性」という言葉です。

肌は元々弱酸性なので同じ性質の洗顔料の方が肌に負担が少ない

40代洗顔料弱酸性洗顔料

この言葉が使われている場合はほぼ例外なく肌に優しい点がアピールされています。

 

年齢を重ねた肌は肌への刺激をできるだけ抑えることが重要になってきますし、洗顔はとくに肌に負担をかけやすい部分があるので低刺激な製品は非常に魅力的な選択肢に思えます。ではどうして弱酸性の洗顔料が肌に優しいのでしょうか?

 

理由は簡単で人間の肌は通常弱酸性の状態にあるからです。そのため同じ弱酸性の方が肌に負担をかけることなく洗っていくことができます。

 

肌が弱酸性なのは肌荒れや吹き出物の原因となる細菌の繁殖を促すなど健康状態を保つためです。弱酸性を保つことができていればトラブルをもたらす細菌の増殖を防ぐことができるだけでなく、弱酸性のもとで棲息している肌の健康を保ってくれる細菌の活動が活発になります。

 

ですから弱酸性の洗顔料は負担をかけないだけでなく、肌トラブルが起こらないよう維持されている肌環境を乱さずに済むという点でも大きなメリットがあるのです。

 

こうしてみると洗顔料を選ぶ際には弱酸性を選んだほうがよい、まして肌が敏感になっている年齢肌ならなおのこと、と考えがちですが、必ずしもそうとはいえない面もあるのです。

アルカリ性の洗顔料を使うことで肌の機能を活発化させることができる

40代洗顔料弱酸性洗顔料

弱酸性の洗顔料は肌に優しい一方で洗浄力にやや劣る面があり、皮脂や古くなった角質を十分に落とせないこともあるのです。あえてアルカリ性の洗顔料で肌に刺激を与えることでしっかりと汚れを落とす、という方法も日ごろのスキンケアでは有効なのです。

 

また、アルカリ性の洗顔料を使用することで肌の抵抗力やターンオーバーを活性化させる働きも期待できます。

 

あえて肌を弱酸性からアルカリ性へと傾けさせることで洗顔後に弱酸性へと戻っていく過程で肌の再生や成長を促す面もあるのです。いわば弱酸性の洗顔料ばかりを使っていると肌を甘やかしてしまうことになるわけです。

 

このように弱酸性の洗顔料の方が肌に優しいのは間違いありませんが、だからといって必ずしも最適な選択肢とは限らない面もあります。

 

敏感肌や炎症を起こしてしまっている場合には弱酸性の洗顔料を選ぶべきですが、健康を維持し、肌トラブルを防ぐための日々のスキンケアではアルカリ性の洗顔料の方が適している面もあるため、ケースバイケース、肌環境も考慮したうえで最適な洗顔料を選ぶことが求められます。

 

この辺りは難しい部分もありますが、頭に入れておいて損はないポイントになるはずです。
コスメルジュ編集部が選んだ40代におすすめの洗顔料>>

40代に使ってみたい人気の洗顔料

然 よかせっけん

よかせっけん

毛穴の悩みに2,400万個突破!@コスメ口コミ1位の完全無添加洗顔料
1,800円税別/定期コース1,705円・税別
更に詳しく見てみる>>

資生堂 プリオール オールクリア石鹸

資生堂 プリオール オールクリア石鹸

メーク落としもOK!洗うだけで乾燥小じわを目立たなくする洗顔石鹸
1,944円・税込
更に詳しく見てみる>>

ポーラ Dソープ

ポーラ Dソープ

40代の毛穴と乾燥のWトラブルを解消!ポーラの隠れたロングセラー商品
100g2,700円・税込
更に詳しく見てみる>>

いつかの石けん

いつかの石けん

毛穴の黒ずみを酵素の力で強力に洗い流す!製薬会社が作った洗顔石鹸
1600円・税別
更に詳しく見てみる>>