ニキビケアの効果的な洗顔料の選び方

ニキビケアにおける洗顔料選びが難しいのは肌に余計な刺激を与えないようにしつつも汚れをしっかり落としていかなければならない点です。

ニキビケアのための洗顔料選びでは洗浄力と肌への刺激のバランスが大事

40代洗顔料選び方ニキビケア

毛穴や表皮の皮脂、古い角質、角栓などをエサに雑菌が繁殖することで炎症が発症するわけですから、汚れを落とさないことには改善も期待できないのですが、一方で炎症を起こして刺激に対して敏感になっている肌に過剰な負担をかけるわけにもいかないのです。

 

このバランスをいかにうまくとることができるかがニキビケアの成否を握っているといっても過言ではないでしょう。

 

こうした事情からまずは低刺激であることが大前提です。洗顔料そのものが肌に合うかどうか。健康な肌には安全でもニキビ肌には刺激が強すぎるという製品もありますから、世間の評価に惑わされずあくまで自分の判断で選ぶことが大事です。

 

もし使ってみて少しでも違和感や炎症の悪化が見られた場合にはすぐに中止して他の製品に繰り替えるようにしましょう。合成界面活性剤、防腐剤、合成着色料などの添加物もできるだけ避けたいところです。

 

注意したいのは植物エキスなど天然由来の素材を使用している洗顔料です。安全に思えますが、炎症を起こして刺激に敏感な状態になっているニキビ肌に使用するとかぶれやアレルギー反応を起こすものもあります。

 

世間の「植物由来=肌に優しい」というイメージを過信せずに実際の使い心地を確認しておくことも大事です。

洗顔でニキビケアを行う際は泡の吸着力で汚れを落とせる洗顔料を使う

40代洗顔料選び方ニキビケア

そのうえで汚れをしっかり落とせる製品を選んでいくことになるのですが、その鍵となるのは泡立ちです。泡立ちがよくない洗顔料だとどうしても指で皮膚を強く擦って洗ってしまうため、たっぷり泡立ち、泡の吸着力で汚れを除去していける製品を選びましょう。

 

指は洗っていく際に軽く皮膚に触れる程度で済むのが理想的です。そのためには泡の濃度や持続力も大事なポイントです。

 

すぐに泡立つものの消えるのも早い洗顔料もありますから、少々泡立てるのに手間がかかっても長く泡が維持できて洗い続けられるものがお勧めです。泡立ちに関してはフォームタイプよりも固形石鹸の方が適しています。

 

女性の場合はクレンジングを兼ねた洗顔料を選ぶのもひとつの選択肢です。クレンジングとのダブル洗顔を行っているといくら刺激の少ない洗顔料を使っても肌に負担がかかってしまいますし、かといってクレンジングを行わないとメイクをしっかり落とせずにそれが肌に負担をかけます。

 

一本でメイク、日焼け止め、汚れを落とすことができるオールインワンタイプもあるのでそれも視野に入れたうえで選んでみてはいかがでしょうか。

NonA(ノンエー)

従来の石けんの約4倍の弾力泡!ピーリング成分不使用のニキビ専用石けん

40代洗顔料ニキビノンエー

石鹸はつっぱったり乾燥したりするイメージで、ニキビケアには適してないと思っていました。これは泡がモワンモワンで毛穴とか皮脂とかいらないものを根こそぎ持ってってくれるような洗い心地で、流した後に肌に刺激を感じることもありませんでした。鼻の黒ずみもきれいになってきて化粧もしやすくなりました。

ニキビ専用薬用洗顔石鹸。抗炎症作用成分グリチルリチン酸が余分な皮脂を洗い流しながら、肌の材料となるアミノ酸が豊富なローヤルゼリーや保湿力の高いリピジュアでしっかり潤いを保つのが特徴です。従来品の4倍もの弾力がある泡で肌を擦らずに洗えます。ピーリング成分や香料も不使用なので敏感がちな肌にも安心です。
2,940円・税込
40代洗顔料天然オーガニック石鹸選び方

 

コスメルジュ編集部が選んだ40代におすすめの洗顔料>>

美白ケアに効果的な洗顔料の選び方

シミ・くすみの悩みを改善するために欠かせない美白ケア。通常は美白美容液で美白成分を補うことで行いますが、近年では美容液以外にも美白アイテムが多数売られるようになっており、幅広いアプローチでケアしていくことが可能になっています。それだけに洗顔料選びの段階でも美白ケアを意識しておくことが大事です。

洗顔料で行える美白ケアはスキンケアのサポート的役割

40代洗顔料選び方美白ケア

ただ洗顔料による美白ケアでは美白成分を補うといった一般的な意味での目的は少なく、シミ・くすみができにくい肌作りを目指すため、そして化粧水や美容液での本格的な美白ケアをサポートするためが大きな目的となります。

 

それだけに自分にはどんな洗顔料が向いているのか、よく確認したうえでの選択が求められます。

 

美白ケアを意識した上で洗顔料の選び方ではまずメラニン色素による色素沈着を防ぐための効果がポイントとして挙げられます。

 

シミ・くすみは生成されたメラニン色素が角質に沈着を起こすことで起こります。また、ターンオーバーが乱れて古い角質がはがれにくく蓄積しやすい肌ほど沈着を起こしやすくなるため、洗顔で古い角質をしっかり落としておくことでシミ・くすみを予防することができます。

 

その際に役立つのがピーリング効果を備えた洗顔料です。フルーツ酸など本来肌に刺激をもたらす物質をあえて塗付することで表面の角質を剥がしつつ肌の再生を促す働きがあるこの洗顔料はメラニン色素が排出されずに角質に残っていたり、沈着を起こしてしまった部分を一気に除去することができます

美白ケアには酵素入り洗顔料で毛穴の汚れを取ることも大切

40代洗顔料選び方美白ケア

肌への刺激が強いのであまり頻繁に行わないこと、バリア機能の低下で刺激に対して敏感になっている方は使用が問題ないかどうかを確認することなどの注意点がありますが、かなり即効性が期待できる選択肢といえます。

 

それから話題を集める機会が増えているのが酵素入りの洗顔料です。毛穴の黒ずみの原因となる毛穴の汚れ、とくに角栓を溶かして落とすことができることで注目されています

 

ピーリング洗顔料とは違って肌への刺激が強くなく、バリア機能が低下している方でも使用しやすいこと、毎日の洗顔のみに使用できるといったメリットがあります。需要の増加でさまざまなメーカーから発売されるようになっていますから、それぞれの特徴をチェックしてみるとよいでしょう。

 

美白美容液で美白成分を浸透させるには毛穴がきれいな状態であることが大事です。汚れが詰まっているとせっかくの有効成分もしっかり浸透しないため、毛穴汚れを落とせる洗顔料を選ぶことも忘れてはいけません。

 

泡立ちがよいだけでなく、粒子が細かく毛穴の奥にまで入り込んで汚れをかきだすことができるかどうか、この基本的な部分も美白ケアの洗顔料選びでは忘れないようにしたいものです。

二十年ほいっぷ

超極小の弾力泡がキメまで入り込む!角質層を潤わせて内側から明るくさせる洗顔料

二十年ほいっぷ

専用ネットもありますが手でも簡単にフワフワと泡立てられました。泡がきめ細かくていかにも肌の凸凹に入り込んでくれる感じで、クレンジングで落とし切れてなかったメイクもスッキリさせてくれる感じです。洗い上がりは本当に肌が白くなったのにびっくり。ずっと使っていたら長時間このトーンが維持できそうです。

優れた栄養素、美容成分をふんだんに含んだホエイ(乳清)を使用した洗顔料。超極小の弾力のある泡なので気泡が潰れにくく、汚れを吸着する力に優れているのが特徴です。皮脂膜のくすみを取り除きながらも、角質層にまでしっかり潤いを与えキメを整え、肌の内側から明るくさせます。表面だけでなく肌の内側からくすみケアができる洗顔料です。
1,886円・税別
公式HPへ

たるみケアに効果的な洗顔料の選び方

たるみケアではとにかく肌の老化をできるだけ進めないような洗顔料が求められます。老化の主な原因は活性酸素による角質細胞の老化にありますから、それを防ぐような洗顔料を使っていくことが大事です。

たるみケアのためには洗顔料で皮脂を落とし過ぎないように気を付ける

40代洗顔料選び方たるみケア

しかし実際には適切な洗顔料を使ってないばかりに美容液や化粧水の効果を損ねてしまっているケースも少なくありません。まず注意したいのが皮脂を落としすぎない製品を選ぶことです。

 

皮脂といえば毛穴を詰まらせて炎症やニキビの原因となるなど悪役のイメージがすっかり定着してしまっていますが、もともとは皮膚の表面で皮脂膜を作って適度な油分を維持し、外部からの刺激から肌を守りつつ水分が失われていくのを防ぐ働きを担っています

 

そのため清潔意識が過剰で一生懸命洗いすぎている人ほど皮脂膜が損なわれやすい環境に置かれています。その結果肌のバリア機能が低下し、紫外線などの外部からの刺激に対して敏感になってしまうのです。

 

このバリア機能の低下によってちょっとした刺激に対して肌が負担を感じるようになると活性酸素の生成量が増加していきます。紫外線のダメージはもちろん、さまざまなきっかけで活性酸素が増えることで老化がどんどん加速していってしまうわけです。

 

さらに悪いことには紫外線のダメージが奥深くまで、角質層のさらに奥真皮層にまで達してしまうとそこで肌を支えているコラーゲンとエラスチンを破壊してしまい、ハリの低下を引き起こします。この老化と肌を支える力の低下が進行していくことでどんどん肌がたるんでいくわけです。

洗顔料に含まれる添加物は活性酸素を増やす原因になることもある

40代洗顔料選び方たるみケア

ですから適度な洗浄力を備えていることが洗顔料選びの鉄則です。肌に合わないくらい洗浄力が強い、必要な皮脂まで根こそぎ除去してしまうような製品は避けましょう。

 

洗い終わった後に多少はカサつきを感じるのは問題ありませんが、5分、10分と経過した後もそれが改善されない場合は皮脂を奪いすぎてしまっています。一度自分の洗顔料がどれほどの洗浄力を持ち、皮脂を除去しているのか確認してみてはいかがでしょうか。

 

それから添加物ができるだけ含まれていないものを選ぶこと。合成界面活性剤はもちろん、パラベンや合成香料なども肌に負担をかけて活性酸素を増やしてしまう要因となります。

 

あとは指を擦らないと落とせない洗顔料ではなく、泡だちがよく泡の吸着力だけで洗っていけるかどうか。これは洗顔料選び全般に言えるポイントですが、とりわけ刺激に敏感なたるみケアでは大きな意味を持ちます。こうした洗顔料選びにこだわることで美容液、化粧水でのケアの効果を高めていくことができるはずです。

毛穴の黒ずみ・角栓ケアに効果的な洗顔料の選び方

毛穴の黒ずみ・角栓ケアは年齢を問わず重要なスキンケアのポイントですが、40代になると刺激に対して敏感になっていくこともあってから若い頃とは違ったアプローチが求められます。

毛穴ケアでは洗顔料の各タイプのメリット・デメリットに目を向ける

40代洗顔料選び方毛穴ケア

とにかく汚れを落とすために洗浄力を重視したケアを行ってしまうと肌に負担をかけてかえってトラブルの原因を作ってしまう恐れもあるからです。

 

そのため毛穴の黒ずみ・角栓ケアのために洗顔料を選ぶ場合には肌と毛穴にできるだけ負担をかけない範囲内で汚れをしっかりと落としていけるかどうかを重視していくことが原則です。その際にはまず洗顔料のタイプに目を向けましょう。

 

現在もっとも普及しているフォームタイプは泡立てやすいメリットがある一方、すぐに泡がなくなってしまう、あるいは添加物が配合されているといった難点もあります。またポンプ式で最初から泡で出てくるタイプの洗顔料も増えていますが、これらの製品の中には泡立ちをよくするための添加物を配合しているものもあります。

 

これらは絶対によくないというわけではありませんが、使用する際には成分表示をよくチェックして肌に負担をかけるような成分が使用されていないかどうかを必ず確認しておくよう心がけましょう。

 

おススメなのは固形石鹸タイプです。やや高価で泡立てるのに手間がかかるといった難点もありますがその分泡が長持ちして洗いやすいメリットを備えています。

皮脂分泌量を調整する成分やスクラブ・ピーリング洗顔料も毛穴ケアにはおすすめ

40代洗顔料選び方毛穴ケア

ボリュームのあるもちもちした泡が作れる製品なら洗っている途中で泡がなくなっていつのまにか指でゴシゴシ擦っていた、なんてこともないので安心です。また泡立ちがよい点に加えて洗浄成分の粒子が細かいかどうかも見ておきましょう。

 

細かい方が毛穴の奥にまで入り込んで汚れを落としやすいからです。クレイ(泥)や竹炭などが配合されている洗顔石鹸は粒子が細かいうえに吸着力も優れているので擦る必要もなく軽く指を皮膚にあてて洗っていくだけで泡が汚れをしっかりとかきだして落としてくれます。

 

このように洗顔料のタイプによって毛穴の黒ずみ・角栓ケアに適しているかどうかに差が出てきますから基本として踏まえておきましょう。そのうえで黒ずみ、角栓の原因となる皮脂の分泌量を調節するビタミンCやビタミンB2が配合されている製品などを選ぶとよいでしょう。

 

また毎日使用するものではありませんが、蓄積した角質を除去するのに役立つスクラブ洗顔やピーリング洗顔を取り入れるのもよい方法です。この場合、肌への負担が強くなるので適度な頻度を守って使用すること、自分の肌で無理なく使用していける製品を選ぶことなどを注意して適切な製品を選んでいくことが大前提です。

然 よかせっけん

毛穴の悩みに2,400万個突破!@コスメ口コミ1位の完全無添加洗顔料

よかせっけん

泥パックみたいな固い灰色の洗顔料で、使い始めは取り出す量の調整が難しかったです。でもすぐ慣れて適量が分かるようになったので、泡立ちが多すぎて無駄になったり足りなかったりも無くなりました。モコモコのしっかりした泡で、ピリピリすることなく毛穴の汚れを掻き出してくれるのがよく分かります。

天然ミネラルパウダーのみを使用したジャータイプの洗顔石鹸。毛穴よりも小さい超微粒子の火山灰シラスパウダーが毛穴のすみずみまで入り古い角質をしっかり吸着して掻き出してくれます。さらに美肌成分や自然由来の殺菌成分も配合されているので肌に優しく、肌荒れも防いでくれるのも魅力。毛穴ケアしたいけど肌荒れしやすいので…と言う方に特にオススメです。
※@コスメ洗顔石鹸部門口コミ1位(2017年8月〜10月)
1,800円税別/定期コース1,705円・税別
公式HPへ然 よかせっけん

いつかの石けん

毛穴の黒ずみを酵素の力で強力に洗い流す!製薬会社が作った洗顔石鹸

いつかの石けん

乾燥肌なので今まで石鹸は使っていませんでした。製薬会社のだから大丈夫そうと思ったのですが、洗い上がりでも違和感なくて選んで正解。ネットですぐにフワフワの泡が出来てしかも潰れにくい。普通に洗ってもすっきりするけど、パックをすると流した後が更に鼻がスベスベ。これなら角栓に悩まされることが減りそう。

シミ対策として酵素プロテアーゼを配合した洗顔石鹸。シミの原因となるメラニンの溜まったタンパク質を分解してくれる酵素(プロテアーゼ)を配合。毎日の洗顔で40代のくすみがちな肌も、陶器肌へと生まれ変わらしてくれる特徴があります。また顔に20〜30秒泡を乗せてから冷水で流すだけと、手軽にケアできるのも魅力のひとつ。製薬会社の製造ならではの安全性も人気の理由です。
1600円・税別
公式HPへ

 

コスメルジュ編集部が選んだ40代におすすめの洗顔料>>

40代に使ってみたい人気の洗顔料

然 よかせっけん

よかせっけん

毛穴の悩みに2,400万個突破!@コスメ口コミ1位の完全無添加洗顔料
1,800円税別/定期コース1,705円・税別
更に詳しく見てみる>>

資生堂 プリオール オールクリア石鹸

資生堂 プリオール オールクリア石鹸

メーク落としもOK!洗うだけで乾燥小じわを目立たなくする洗顔石鹸
1,944円・税込
更に詳しく見てみる>>

ポーラ Dソープ

ポーラ Dソープ

40代の毛穴と乾燥のWトラブルを解消!ポーラの隠れたロングセラー商品
100g2,700円・税込
更に詳しく見てみる>>

いつかの石けん

いつかの石けん

毛穴の黒ずみを酵素の力で強力に洗い流す!製薬会社が作った洗顔石鹸
1600円・税別
更に詳しく見てみる>>