保湿力の高い洗顔料の選び方は?

洗顔のポイントは乾燥とバリア機能の低下を避けながら汚れを落としていくことです。にもかかわらず世の乾燥肌・敏感肌に悩まされている人の中には洗顔が原因で肌を乾燥させてしまっている人が非常に多く見られます。化粧水や美容液といったケアだけでなく、洗顔の段階でも保湿を重視したケアが求められます。

保湿力の高い洗顔料は泡立ちがいいこと

保湿力の高い洗顔料の選び方

では保湿力の高い洗顔料を使いたい、という場合にはどういった点に着目して選んでいくとよいのでしょうか?これが化粧水や美容液だったら話は簡単、保湿成分が配合されているものを選べばよいわけですが、洗顔料の場合はそれだけで判断するわけにはいきません。

 

保湿における洗顔料のポイントは洗う過程で肌の保湿力を奪ってしまう恐れがある点です。先ほども触れたように肌の乾燥の原因を作ってしまっている可能性もあるので単に保湿成分を補えばよいのではなく、肌のもともとの保湿力を奪わずに汚れを落としていけるかどうかも踏まえて選んでいくことが大事なのです。

 

また洗顔料に配合されている保湿成分にどれだけ効果が期待できるのか、という疑問点もあります。実際に保湿成分を配合し保湿効果を売りにしている洗顔料がさまざまなメーカーから発売されるようになっていますが、その保湿成分を化粧水や美容液に配合されている場合と同じレベルで考えるわけにはいきません。

汚れを落としつつ必要な皮脂や保湿成分は残せる洗顔料を!

保湿力の高い洗顔料の選び方

何しろ洗顔の際には汚れを落とした後にお湯で洗い流すわけですから、保湿成分がどの程度肌に浸透して残るのかわかりません。せっかく補ってもすすぎの際に洗い流されてしまう可能性もあるのです。こうした点からも配合されている保湿成分だけで洗顔料の保湿力を評価するわけにはいかないのです。

 

ではほかにどういった点で選べばいいのか?やはり泡立ちのよさと適度な洗浄力がポイントです。しっかりと泡立てることができて泡の吸着力で汚れを落としていくことができるか。指で擦って洗わなければならないと肌に刺激を与えてバリア機能が損なわれてしまいます。

 

また洗浄力が強すぎる製品、とくに石油系の合成界面活性剤が使用された製品は肌の保湿に必要な皮脂やセラミドまでも一緒に洗い流してしまいます。泡立ちやすく長持ちする、そのうえで汚れを落としつつ必要な皮脂や保湿成分はしっかり残すことができる、そんな製品を選びましょう。

 

このように保湿力の高い洗顔料選びではまず肌本来の保湿力を損なわないことを前提の上に水分を保つことができるか、さらに保湿成分を補うことができるかといった点を踏まえて製品をチェックしていくことが大事なのです。
コスメルジュ編集部が選んだ40代におすすめの洗顔料>>

40代に使ってみたい人気の洗顔料

然 よかせっけん

よかせっけん

毛穴の悩みに2,400万個突破!@コスメ口コミ1位の完全無添加洗顔料
1,800円税別/定期コース1,705円・税別
更に詳しく見てみる>>

資生堂 プリオール オールクリア石鹸

資生堂 プリオール オールクリア石鹸

メーク落としもOK!洗うだけで乾燥小じわを目立たなくする洗顔石鹸
1,944円・税込
更に詳しく見てみる>>

ポーラ Dソープ

ポーラ Dソープ

40代の毛穴と乾燥のWトラブルを解消!ポーラの隠れたロングセラー商品
100g2,700円・税込
更に詳しく見てみる>>

いつかの石けん

いつかの石けん

毛穴の黒ずみを酵素の力で強力に洗い流す!製薬会社が作った洗顔石鹸
1600円・税別
更に詳しく見てみる>>