W洗顔不要は本当に洗顔料を使わなくていいのでしょうか?

W洗顔はスキンケアを行っていく上でどうしても必要な一方、肌に大きな負担をかけてしまうネックでもあります。そのためW洗顔不要の洗顔料・クレンジング剤も登場しており、肌への刺激が気になる人たちから注目されています。

W洗顔とはクレンジングでメイクを落とし洗顔で汚れを落とす過程

W洗顔不要とは

W洗顔とはまずクレンジングでメイクを落としたうえで洗顔で汚れを落とす過程のことです。いわば2度洗いをすることになるわけで、その分肌への負担が大きくなってしまいがちです。クレンジングや洗顔ではメイクや汚れだけでなく皮脂膜の形成に必要な皮脂やセラミドまで落としてしまいがち、その結果肌のバリア機能が低下してしまいます。クレンジングでバリア機能が低下しているところに洗顔料で洗ってしまうと…これでは肌にダメージが蓄積してしまうのも当然、と思う方も多いようです。

 

ならW洗顔不要の洗顔料やクレンジングは理想的な選択肢のように思えますが、本当に洗顔料で洗う必要はないのでしょうか?本来のスキンケアではクレンジングと洗顔の両方で洗う必要がある以上、W洗顔を行わないと今度は汚れをしっかり落とせないのではないか?との不安も出てきます。

 

この問題点はもともとクレンジングと洗顔では落とすものが違うことが重要な意味を持っています。クレンジングではオイルでメイクを浮き上がらせて落とすことを目的にしているのに対し、洗顔料は洗浄成分で皮膚と毛穴の奥に汚れを吸着させて落とすことを目的としています。ですから洗顔だけだとメイクを落とすのが難しく、クレンジングでは毛穴の奥の汚れまでしっかり落とすのが難しいのです。

薄メイクにしたりクレンジング不要の化粧品を使う工夫も大切

W洗顔不要とは

W洗顔不要のクレンジング剤や洗顔料はそうした点を踏まえたうえで製品を開発しているのでどちらの効果も期待できます。ただ必要な洗浄力を得られるかどうかは製品と肌質の相性、さらにはメイク環境によって違いがでてきます。

 

たとえば洗顔料としての面を重視したW洗顔不要のアイテムを濃い目のメイクを行っている人が使用するとメイクをしっかり落とせない可能性があります。逆にクレンジング剤としての面を重視したアイテムを毛穴詰まりを起こしている人や皮脂の分泌量が多めの人が使用すると汚れを落とせない可能性が出てくるのです。

 

そのためあくまで自分に合った製品を選んだ上で本当にW洗顔が不要なのか、洗顔料を使わなくても大丈夫なのかを判断する必要があります

 

とくにメイクとのバランスが重要で、薄めのメイクを心がける、クレンジング不要で落とすことができるファンデーションを使用するといった工夫を取り入れればW洗顔不要で洗顔料なしでもしっかりとケアしていく環境を作っていくことができるでしょう。
コスメルジュ編集部が選んだ40代におすすめの洗顔料>>

40代に使ってみたい人気の洗顔料

然 よかせっけん

よかせっけん

毛穴の悩みに2,400万個突破!@コスメ口コミ1位の完全無添加洗顔料
1,800円税別/定期コース1,705円・税別
更に詳しく見てみる>>

資生堂 プリオール オールクリア石鹸

資生堂 プリオール オールクリア石鹸

メーク落としもOK!洗うだけで乾燥小じわを目立たなくする洗顔石鹸
1,944円・税込
更に詳しく見てみる>>

ポーラ Dソープ

ポーラ Dソープ

40代の毛穴と乾燥のWトラブルを解消!ポーラの隠れたロングセラー商品
100g2,700円・税込
更に詳しく見てみる>>

いつかの石けん

いつかの石けん

毛穴の黒ずみを酵素の力で強力に洗い流す!製薬会社が作った洗顔石鹸
1600円・税別
更に詳しく見てみる>>