毛穴ケアに効果的な洗顔料と洗顔方法とは?

毛穴ケアのポイントは2つ、毛穴の汚れをしっかり落とすことと、肌の潤いを保つことです。毛穴に汚れが残っていると詰まりの原因となり、それが角栓となってニキビや炎症の原因となりますし、肌が乾燥するとバリア機能が低下して炎症を起こしやすくなるうえに毛穴の柔軟線が失われることで詰まりを起こしやすくなってしまいます。この2つをうまく維持しつつ毎日の洗顔を行っていくことができるか、これが化粧水や美容液といったスキンケアにも大きな影響を及ぼします。

毛穴の奥にまでしっかり入り込んで汚れをかきだしてくれる洗顔料を

毛穴ケア向け洗顔料

この毛穴ケアでは洗い方ももちろんですが洗顔料選びそのものもとても大事です。自分の肌に合わない洗顔料を使用してしまうと肌に刺激を与えてしまううえに汚れをしっかり落とすことができないという厄介な状況を抱えてしまうからです。しかも世間でよく使用されているタイプの洗顔料は必ずしも毛穴ケアに適しているとはいえない面もあります。

 

毛穴の汚れをしっかり落とすためにはどうすればいいのか?最大のポイントは泡立ちです。泡が毛穴の奥にまでしっかり入り込んで汚れをかきだして落とすことができるか。いくらがんばってゴシゴシと指で擦って洗っても毛穴の奥の汚れを落とすことはできませんし、みすみす肌に負担をかけてしまうようなもの。泡でしっかり落とすことができる洗顔料なら指で擦る必要もなく毛穴の汚れを落としていくことができます。

毛穴ケアにはクレイや竹炭などが配合された洗顔料がおすすめ

毛穴ケア向け洗顔料

ただ注意したいのは泡立ちのよさだけでなく、濃密な泡を作ることができるか、泡の粒子が細かいか、泡が長持ちするかといった点も考慮する必要があることです。泡タイプと呼ばれる洗顔料も市販されていますが、その中には泡立ちをよくするための化学成分や添加物を配合しているものもあり、必ずしも毛穴の奥にまで入り込んで汚れを落としてくれるとは限りません。泡の質にも目を向けた上で洗顔料を選んでみましょう

 

結論から言えば個性石けんタイプが一番のオススメです。とくにクレイ(泥)や竹炭など粒子が細かい洗浄成分を配合したタイプは毛穴ケアにピッタリです。濃密で長持ちする泡を作れるうえに吸着力に優れており、毛穴の奥にまでしっかり入り込むことで汚れをかきだしてくれます。泡立てるのに手間がかかる面もあるため、泡立てネットなどもうまく使いながらそのメリットを引き出す工夫も取り入れてみましょう。

 

こうした毛穴ケアにピッタリや洗顔料で汚れをしっかり落としつつ、化粧水で引き締めるケアを行っていけば毛穴の黒ずみや開き、ニキビといったトラブルをうまく予防・改善していくことができるはずです。
コスメルジュ編集部が選んだ40代におすすめの洗顔料>>

40代に使ってみたい人気の洗顔料

然 よかせっけん

よかせっけん

毛穴の悩みに2,400万個突破!@コスメ口コミ1位の完全無添加洗顔料
1,800円税別/定期コース1,705円・税別
更に詳しく見てみる>>

資生堂 プリオール オールクリア石鹸

資生堂 プリオール オールクリア石鹸

メーク落としもOK!洗うだけで乾燥小じわを目立たなくする洗顔石鹸
1,944円・税込
更に詳しく見てみる>>

ポーラ Dソープ

ポーラ Dソープ

40代の毛穴と乾燥のWトラブルを解消!ポーラの隠れたロングセラー商品
100g2,700円・税込
更に詳しく見てみる>>

いつかの石けん

いつかの石けん

毛穴の黒ずみを酵素の力で強力に洗い流す!製薬会社が作った洗顔石鹸
1600円・税別
更に詳しく見てみる>>