ニキビ肌に効果的な洗顔料の選び方と気をつけたい洗顔方法とは?

ニキビケアでは炎症を起こしている肌に負担をかけることなくいかに清潔な状態を維持できるかどうかが問われます。それだけに洗顔料選びと使い方が難しくなってくるだけに正しい知識を踏まえつつケアを行っていきたいところです。

ニキビ肌には添加物の少ない石鹸タイプの洗顔料がおすすめ

ニキビケア向け洗顔料

まずどんな洗顔料が適しているのか?まず肌に刺激を与えないことが大前提ですから、できるだけ添加物が少ないものを選びましょう。石油系の合成界面活性剤を避けるのはもちろん、パラベンや香料、着色料なども避けたほうがよいでしょう。フォームタイプや泡タイプの製品はこうした添加物が使用されているものがあるので注意したいところです。

 

一番のオススメは石けんタイプです。添加物が少ないだけでなく泡の質がよく適度な洗浄力でニキビ肌に負担をかけずに洗っていくことができるからです。濃密で長持ちする泡なら指で肌を擦ることなく泡の吸着力で洗っていくことも可能です。

 

しかも泡の粒子が細かいので毛穴の奥にまで入り込んでニキビの原因となっている皮脂や古い角質といった毛穴詰まりの原因を除去していくことも可能です。石けんタイプは価格が少々高めな点と泡立てるのに時間と手間がかかる点がネックですが、ニキビケアではこうしたデメリットよりもメリットのほうがはるかに上回っています。

ニキビに触れないようよく泡立てた泡で洗顔することが大切

ニキビケア向け洗顔料

基本的には石けんタイプで日ごろのニキビケアを行いつつ、肌の状態を踏まえながら酵素洗顔料やピーリング洗顔料も使用してみましょう。これらのタイプは古い角質を除去して肌の再生を促す働きがあるのでニキビ肌の回復を促すのに適しています。ただニキビの状態によっては刺激を与えてしまう恐れもあるので様子をみながら、週に2回程度の頻度で行ってみましょう。

 

洗い方のポイントはやはりよく泡立てること。最後まで泡がしっかり維持できるよう心がけましょう。洗っている途中で泡がなくなってしまって気がついたら指で擦って洗っていた、といったことにならないよう注意が必要です。とくにニキビができている部分は指では触れずにもっぱら泡だけで落とすようにしましょう。

 

また泡立ちをよくするためには事前にぬるま湯で顔を洗っておくと効果的です。この段階で表面の汚れをかなり落とせるので毛穴の汚れを落としやすくなる点も大きなメリットです。熱過ぎるお湯だとかえって負担をかけてしまうのであくまでぬるま湯で行いましょう。

 

そして最後にすすぎをしっかり行うこと、タオルで拭くときに肌を擦らないこと。これらを踏まえたうえで日々の洗顔を行えばニキビ肌に負担をかけずに回復を促していくことができるはずです。
コスメルジュ編集部が選んだ40代におすすめの洗顔料>>

40代に使ってみたい人気の洗顔料

然 よかせっけん

よかせっけん

毛穴の悩みに2,400万個突破!@コスメ口コミ1位の完全無添加洗顔料
1,800円税別/定期コース1,705円・税別
更に詳しく見てみる>>

資生堂 プリオール オールクリア石鹸

資生堂 プリオール オールクリア石鹸

メーク落としもOK!洗うだけで乾燥小じわを目立たなくする洗顔石鹸
1,944円・税込
更に詳しく見てみる>>

ポーラ Dソープ

ポーラ Dソープ

40代の毛穴と乾燥のWトラブルを解消!ポーラの隠れたロングセラー商品
100g2,700円・税込
更に詳しく見てみる>>

いつかの石けん

いつかの石けん

毛穴の黒ずみを酵素の力で強力に洗い流す!製薬会社が作った洗顔石鹸
1600円・税別
更に詳しく見てみる>>