敏感肌が気を付けたい洗顔料の選び方

敏感肌の洗顔はとにかく肌に刺激を与えないことを最優先に行っていくことになります。この洗顔の段階で負担をかけるようなケアを行っているとますます肌環境が悪化してしまいますし、この後の化粧水、美容液が使いにくくなってしまいます。

敏感肌の人は洗顔料を選ぶ際には余計な添加物が使われていないかが重要

40代洗顔料選び方敏感肌

そんな敏感肌の洗顔料選びでは余計な添加物が含まれていないかどうかをまずチェックしましょう。

 

合成界面活性剤、合成着色料、合成香料、パラベンといった添加物が敏感な肌に余計な刺激を与えてしまう恐れがあります。

 

注意したいのは洗浄力を高めるためや泡立ちをよくするために化学成分を配合している製品も多い点で、使い勝手の良さだけにとらわれず肌に優しく適度な洗浄力を備えたものを選んでいく姿勢が求められます

 

またちょっとした刺激に炎症を起こしやすくなっている敏感肌は健康な肌では問題がない成分・物質でトラブルを起こすこともあります。とくに注意したいのは現在さまざまなスキンケア製品で配合されている植物由来のエキスです。

 

これらの成分がアレルゲンとなってアレルギー症状を起こしてしまうこともありますから、「天然由来の成分は安全」というイメージに惑わされず、実際に使ってみたうえで判断すること、使ってみて違和感を感じたら無理せずにすぐに使用を中止するといった意識を忘れないようにしましょう。

敏感肌の人は泡の質が良く擦らずに洗える洗顔料がおすすめ

40代洗顔料選び方敏感肌

摩擦による刺激をいかに軽減できるかも敏感肌の洗顔料選びにおける非常に重要なポイントです。指でゴシゴシと擦りながら洗わなければならない洗顔料だと毎回肌に大きな負担をかけてしまうことになります。

 

それを防ぐためにはできるだけ泡立ちがよく長持ちする洗顔料を選ぶことです。濃密な泡が立つ製品なら指は軽く肌に触れる程度で泡の吸着力で落としていくことができます

 

また泡の粒子が細かいと毛穴の奥にまで浸透して汚れをかきだしてくれるので最小限の手間と刺激で清潔にすることができます。先に少し触れましたが泡立ちをよくするための化学成分を配合している製品もありますから、泡の内容・質もチェックしたうえで選んでいくことになるでしょう。

 

慢性的に炎症を起こしてしまっている方は殺菌成分のサリチル酸や抗炎症成分のグリチルリチン酸ジカリウムといった成分が配合されている洗顔料もおススメです。

 

バリア機能が低下していると皮脂汚れが少なくても雑菌が繁殖しやすい状況になりますし、炎症を起こしているとますます刺激に敏感になってケアが難しくなるほか、紫外線のダメージで老化が進んでしまうなどの問題も起こります。この辺も視野に入れた上で化粧水・美容液などでの敏感肌ケアにも役立てられるような洗顔料を選んでいきたいところです。
コスメルジュ編集部が選んだ40代におすすめの洗顔料>>

乾燥肌が気を付けたい洗顔料の選び方

乾燥肌が洗顔料を選ぶ場合にはまずなんといってもこれ以上乾燥状態を進行させないことです。現代社会ではもともとの体質で乾燥しがちな方よりも後天的に肌が乾燥してしまっている方が多いといわれており、洗顔料選び、洗顔環境が肌質を改善する上で非常に重要なポイントとなっているのです。

乾燥肌の人は洗顔料が原因で肌質が悪化している可能性がある

40代洗顔料選び方乾燥肌

まず洗顔料そのものが乾燥肌の原因となってしまっていないかどうかを確認しておきましょう。

 

清潔意識が強すぎるあまり洗浄力が強い洗顔料を選んでいないでしょうか?とにかく皮脂を徹底的に除去しようと過剰に意識していないでしょうか?もともと皮脂は表皮に皮脂膜を形成してフタをするような働きを持っており、角質層から水分が蒸発するのを防ぎつつ紫外線など外部からの刺激を防ぐ働きを持っています

 

ですから皮脂を過剰に落としすぎてしまうといくら水分を補ってもすぐに蒸発してしまいます。

 

それだけでなく美容液、化粧水で補った美容成分も十分に効果を発揮することのないまま蒸発してしまい、紫外線のダメージで老化が進んで保湿成分が減少してますます乾燥が進んでいくという悪循環に陥ってしまうのです。

 

現在使っている洗顔料が必要な皮脂まで除去してしまっていないかを確認するためには洗い終わった後に10分ほど放置してみましょう。洗い終わった直後はカサついている肌もそれを補うために皮脂の分泌が進むことで改善されていきます。

乾燥肌の人が洗顔料を選ぶ時は粒子が細かく毛穴の奥まで入るものが適している

40代洗顔料選び方乾燥肌

しかし過剰に皮脂を落としすぎてしまっている場合には時間が経過してもカサつきがなかなか改善されません。10分経過しても洗い終わった直後とあまり変化していない場合には洗いすぎの可能性が大です。もう少しマイルドな洗浄力の製品を選ぶようにしましょう。

 

一方で毛穴の汚れはしっかり落とすことが大事です。乾燥肌の方は肌が硬くなることで毛穴が狭くなっており、汚れが落ちにくい環境になっています。

 

毛穴が詰まっているとせっかく化粧水・美容液で有効成分を補っても十分に浸透しませんから、毛穴の奥の汚れをしっかり落とせる洗顔料を選ぶ必要があります。

 

泡立ちがよく、細かい粒子が毛穴の奥に入り込んで汚れをかきだしてくれるような製品がおススメです。乾燥肌・敏感肌向けにクレイ(泥)など粒子が細かい洗浄成分を配合した洗顔料もあるのでチェックしてみるとよいでしょう。

 

このようにまず皮脂を落としすぎて乾燥状態を加速してしまっていないかを確認すること、そのうえで適度な洗浄力で毛穴の奥の汚れをきれいにできる洗顔料を選ぶ。そうすることで化粧水、美容液での保湿対策の効果を高めていくこともできるでしょう。誤ったスキンケアが乾燥肌の大きな原因となることを忘れずに自分に合った製品選びを心がけたいところです。

脂性肌が気を付けたい洗顔料の選び方

脂性肌の悩みはなんといっても皮脂の分泌量が多く脂っぽい状態になってしまうことです。それがテカりや化粧崩れの原因となるほか、毛穴を詰まらせて炎症やニキビの原因を引き起こします。それだけに洗顔料選びではいかに過剰な皮脂をしっかり落としていくことができるかがポイントです。

脂性肌の人は洗浄力がしっかりした洗顔料でも使いやすい

40代洗顔料選び方脂性肌

そんな皮脂の分泌量が多い環境はひとつメリットもあります。皮脂が不足がちな乾燥肌・敏感肌に比べてバリア機能がしっかり機能しているので少々の刺激にも肌に負担がかからない点です。

 

それだけに脂性肌の洗顔料選びでは皮脂汚れをしっかり除去できる洗浄力を備えているかどうかをチェックしましょう。肌に優しい洗顔料は洗浄力が弱く余分な皮脂をしっかり落とせない可能性もあります。

 

この点に関してはアルカリ性の洗顔料がおススメです。よく肌に優しいことを理由に弱酸性の洗顔料が人気を得ていますが、洗顔料の洗浄成分はアルカリ性に傾けば傾くほどよく落ちます

 

人間の肌はもともと弱酸性のため、同じ弱酸性の洗顔料の方が刺激が少ないのは事実なのですが、アルカリ性の洗顔料を使って肌がアルカリ性に傾いてしまった場合もしばらく(15分ほど)で元の弱酸性へと戻っていきます。

 

乾燥肌・敏感肌の方の場合は肌に負担をかけてしまうアルカリ性洗顔料も脂性肌の方にとってはメリットの方が大きい面もあるのです。

脂性肌の人は毛穴の奥の汚れも吸着できる洗顔料がおすすめ

40代洗顔料選び方脂性肌

ただ注意したいのはとにかく洗浄力が優れていればよいというわけではない点です。たとえば合成界面活性剤が使用された洗顔料は洗浄力に優れている一方肌への負担が強くなります。

 

バリア機能そのものを破壊してしまう恐れもあるので脂性肌の方でも避けたほうが無難です。また表皮の汚ればかりを落として毛穴の汚れをうまく除去できない製品もあります。

 

脂性肌の方は毛穴の奥に皮脂や古くなった角質といった汚れが蓄積しやすいだけにそれをしっかり落とせる洗顔料を選ぶことも重要です。

 

毛穴の汚れを落とすには泡立ちのよさがポイントです。泡の粒子が毛穴の奥にまで浸透して汚れを吸着させて落とすことができる。これなら毛穴を傷つけることなく清潔な状態を維持することができます。できるだけ泡立ちがよい製品を意識して摂取していきましょう。

 

あとは雑菌の繁殖による炎症を防ぐために殺菌成分のサリチル酸や抗炎症成分のグリチルリチン酸ジカリウムを配合した洗顔料も選択肢に加えてみましょう。これらは皮脂の分泌量がとくに多目の方におススメです。余分な皮脂を落として毛穴の奥まできれいにできるか、これが脂性肌の洗顔料選びの最大の鍵となるでしょう。

混合肌が気を付けたい洗顔料の選び方

混合肌の方はスキンケアが非常に難しく、乾燥している部分は乾燥肌向けの、油っぽい部分は脂性肌向けのケアを行うなど使い分けが重要だといわれています。Tゾーンのように皮脂の分泌量が多い部分と、口元・目元のように乾燥しやすい部分を同じケアで済ませてしまうとさまざまなトラブルを抱えてしまう可能性もあるからです。

混合肌の人の洗顔料選びでは乾燥部分に合わせる

40代洗顔料選び方混合肌

しかし洗顔料の場合はこうした場所に合わせた使い分けがなかなかうまくできないという難点を抱えています。

 

口元だけ、Tゾーンだけそれぞれ専用の洗顔料を使って洗う、というわけにはなかなかいかないでしょう。できればひとつの洗顔料でうまく洗っていける環境を作りたいところです。そうなると洗顔料選びもなかなか難しい部分も出てきます。

 

まず混合肌のケアの基本は「乾燥している部分に合わせること」です。とくに洗顔料の場合はこれがもっとも重要なポイントとなるでしょう。

 

Tゾーンが油っぽいからといって脂性肌用の洗浄力が強い洗顔料を使ってしまうと乾燥気味の口元、目元に負担がかかってしまいます。

 

乾燥している部分に無理なく使っていけるかどうかを優先して洗顔料を選んでいきましょう。そのため基本的には乾燥肌向けの洗顔料、少なくとも低刺激を売りにした製品の中から選んでいくことになります。

混合肌の人は皮脂を落とし過ぎて乾燥が悪化しないように気を付ける

40代洗顔料選び方混合肌

ただ乾燥している部分に合わせて選んでしまうと油っぽい部分の皮脂をしっかり落とせない恐れも出てきます。それを防ぐためには泡立ちがよいうえに粒子が細かい洗顔料を選ぶことが大事です。毛穴の汚れはいくら指で強く擦って洗っても十分に落とすことはできません

 

泡が毛穴に入り込んで汚れを吸着させてかきだしていくことで落とすことになりますから、泡立ちがよいこと、濃密で吸着力に優れていること、そして毛穴の奥にまでしっかり入り込む粒子の細かさが必要です。

 

逆に言えばこの泡のポイントを備えた洗顔料なら乾燥肌向けでも油っぽい部分の毛穴ケアもしっかり行っていくことができるでしょう。クレイ(泥)や竹炭など粒子が細かな洗浄成分を配合した固形石鹸がありますから、そうした製品の中から選んでいきましょう。

 

混合肌の方は油っぽい部分を意識しすぎて洗浄力が強い洗顔料を選んでしまっていることで症状を悪化させているケースが見られます。乾燥しだ部分に負担をかけるだけでなく、皮脂を落としすぎてしまうことでかえって分泌量を増やしてしまっているのです。

 

それだけに適度な洗浄力で余分な汚れだけをしっかり落とせる洗顔料選びが混合肌そのものを改善していくうえで大きな意味を持つことになるでしょう。
コスメルジュ編集部が選んだ40代におすすめの洗顔料>>

40代に使ってみたい人気の洗顔料

然 よかせっけん

よかせっけん

毛穴の悩みに2,400万個突破!@コスメ口コミ1位の完全無添加洗顔料
1,800円税別/定期コース1,705円・税別
更に詳しく見てみる>>

資生堂 プリオール オールクリア石鹸

資生堂 プリオール オールクリア石鹸

メーク落としもOK!洗うだけで乾燥小じわを目立たなくする洗顔石鹸
1,944円・税込
更に詳しく見てみる>>

ポーラ Dソープ

ポーラ Dソープ

40代の毛穴と乾燥のWトラブルを解消!ポーラの隠れたロングセラー商品
100g2,700円・税込
更に詳しく見てみる>>

いつかの石けん

いつかの石けん

毛穴の黒ずみを酵素の力で強力に洗い流す!製薬会社が作った洗顔石鹸
1600円・税別
更に詳しく見てみる>>