そもそも洗顔パウダーってどんなもの?洗顔パウダーを使うメリットやデメリットとは?

新しいタイプの洗顔料として注目されているのが洗顔パウダーです。これは粉末状のパウダーをお湯と混ぜて泡立てたうえで使用するタイプで、従来の洗顔フォームや洗顔石けんなどとは使い方の段階でかなり異なっています。

洗顔パウダーは肌に刺激をもたらす添加物の配合が少ない

洗顔パウダーのメリット・デメリット

洗顔フォームが洗顔料の主流になった理由はなんと言っても使い勝手のよさ。それを考えるとどうしてわざわざ粉末状のものを泡立てて使うような面倒な作業が必要な洗顔パウダーが注目を集めているのか疑問に思う方も多いかもしれません。ただこのタイプには他の洗顔料にはないいろいろなメリットがあります。

 

最大のメリットは肌に刺激をもたらす可能性がある添加物が少ない点です。スキンケア製品の多くにはいろいろな成分・物質が含まれています。水分がもっとも多い製品も多いですし、製品の腐敗や劣化を防ぐための防腐剤もよく含まれている成分です。これらは製品に水分が含まれていることが大きな原因、水分と一緒に配合された洗浄成分や美容成分の品質を保持するために添加物を必要としているのです。

 

しかしパウダータイプで最初から水分を排除すればそうした添加物が必要なくなるため、洗顔料として必要な成分だけを配合して作ることができるのです。また香料や着色料といった製品の見栄えをよくするための添加物を使用する必要がないのもポイントです。

洗顔パウダーはお湯て溶かし泡立てる必要があるので面倒な点がある

洗顔パウダーのメリット・デメリット

乾燥肌・敏感肌、または加齢の影響でバリア機能が低下している方にとって洗顔の際の肌への負担は大きな悩みの種。洗顔の負担でダメージを受けるならともかく、添加物で肌に負担をかけてしまうのはできるだけ避けたいもの。その意味でこの洗顔パウダーは非常に優れた選択肢なのです。

 

また、洗顔パウダーには酵素を配合したものが多く、角質を溶かす酵素の働きでくすみや毛穴の詰まりなど肌トラブルの改善に役立てていける点も魅力です。

 

このようにこれまでの洗顔料にはないメリットを備えている洗顔パウダーですが、製品としてクセがあるため賛否両論もあります。なんといっても粉末状をお湯でとかして泡立てる必要があることから面倒な点。しかも泡立ちがあまりよくないものも多く、時間と手間がかかってしまいがちです。洗顔フォームからこのタイプに切り替えた場合あまりの面倒くささに驚くかもしれません。

 

また選択肢が少なく自分にあった製品を見つけにくい点もデメリットでしょう。今後人気を高めていろいろなメーカーから発売されるようになればこの点は解消されていく可能性もありますが、現時点では限られた選択肢の中から選ばなければならない問題点を抱えています。
コスメルジュ編集部が選んだ40代におすすめの洗顔料>>

40代に使ってみたい人気の洗顔料

然 よかせっけん

よかせっけん

毛穴の悩みに2,400万個突破!@コスメ口コミ1位の完全無添加洗顔料
1,800円税別/定期コース1,705円・税別
更に詳しく見てみる>>

資生堂 プリオール オールクリア石鹸

資生堂 プリオール オールクリア石鹸

メーク落としもOK!洗うだけで乾燥小じわを目立たなくする洗顔石鹸
1,944円・税込
更に詳しく見てみる>>

ポーラ Dソープ

ポーラ Dソープ

40代の毛穴と乾燥のWトラブルを解消!ポーラの隠れたロングセラー商品
100g2,700円・税込
更に詳しく見てみる>>

いつかの石けん

いつかの石けん

毛穴の黒ずみを酵素の力で強力に洗い流す!製薬会社が作った洗顔石鹸
1600円・税別
更に詳しく見てみる>>