そもそも洗顔石鹸ってどんなもの?洗顔石鹸を使うメリットやデメリットとは?

現在人気と評価を高めているのが洗顔石けんです。改めてそのメリットが評価されるようになったといってもよいでしょう。

洗顔石鹸は肌への刺激が少なく泡立ちの良さがメリット

洗顔石鹸のメリット・デメリット

もともと洗顔は石けんで行っていたものです。しかしその後スキンケア製品の進歩や美容ブーム、コストパフォーマンスが重視されるといった事情から使い勝手のよいフォームタイプの洗顔料へと主流が移り変わっていきました。しかし美容ブームが使いやすさや効果だけでなく肌への影響や刺激へと関心が向けられるようになったことで石けんタイプのよさが見直されるようになっているのです。

 

洗顔石けんの大きな特徴は肌への刺激が少ない点です。フォームタイプは製造コストを安く抑えるなどの事情から界面活性剤を多く使用していることが多く、また肌への刺激が指摘される石油系の合成界面活性剤が使用されている製品も見られます。それに対して洗顔用に作られた石けんは界面活性剤をはじめとした添加物が少なく、肌への負担を最小限に抑えながら使っていくことができるのです。

 

刺激の少なさでは適度な洗浄力も大きな魅力でしょう。現代人は清潔意識が過剰気味なためついつい一生懸命洗ってしまいがちです。その結果皮脂膜に必要な皮脂や保湿成分のセラミドまで除去してしまいみすみす肌環境を悪化させてしまうことも少なくないのです。洗顔石けんは汚れをしっかり落としつつ、肌のうるおいは残す適度な洗浄力を備えており、肌に悪影響を及ぼすことなく使いやすいのです。

洗顔石鹸は時間と手間がかかるデメリットが・・

洗顔石鹸のメリット・デメリット

洗浄力ともかかわってくる点では泡立ちのよさも大きなメリットです。安価な洗顔料の中には泡立てた当初はよいものの、洗っている間にどんどん泡がなくなってしまい結局指で擦って洗ってしまうものも少なくありません。

 

しかし洗顔石けんで作った泡は濃密で長持ちするので洗っている間指で擦らず泡の吸着力で汚れを落としていくことができます。これが適度な洗浄力をもたらすとともに、毛穴の奥の汚れもしっかり落とす効果をもたらしてくれるのです。

 

こうしてみるとよいこと尽くめ、どうして洗顔フォームに主流が移り変わってしまったのだろう?と疑問に思う方も多いかもしれません。メリットだけではなくデメリットもあるのです。その筆頭は面倒なこと。泡立てるまで時間と手間がかかります。泡立てネットなどを使用してしっかりと泡立てないとせっかくのメリットを活かせない場合も多く、朝のあわただしい環境での洗顔には適していない面もあります。

 

また洗顔フォームに比べて価格が高めてコストパフォーマンスに劣る点もデメリットでしょう。
コスメルジュ編集部が選んだ40代におすすめの洗顔料>>

40代に使ってみたい人気の洗顔料

然 よかせっけん

よかせっけん

毛穴の悩みに2,400万個突破!@コスメ口コミ1位の完全無添加洗顔料
1,800円税別/定期コース1,705円・税別
更に詳しく見てみる>>

資生堂 プリオール オールクリア石鹸

資生堂 プリオール オールクリア石鹸

メーク落としもOK!洗うだけで乾燥小じわを目立たなくする洗顔石鹸
1,944円・税込
更に詳しく見てみる>>

ポーラ Dソープ

ポーラ Dソープ

40代の毛穴と乾燥のWトラブルを解消!ポーラの隠れたロングセラー商品
100g2,700円・税込
更に詳しく見てみる>>

いつかの石けん

いつかの石けん

毛穴の黒ずみを酵素の力で強力に洗い流す!製薬会社が作った洗顔石鹸
1600円・税別
更に詳しく見てみる>>