そもそも洗顔フォームってどんなもの?洗顔フォームを使うメリットやデメリットとは?

洗顔フォームは現在市販の洗顔料の中ではもっとも製品の数も多く主流となっているタイプです。チューブタイプと呼ばれることも多く、クリーム状やペースト状の洗顔料をチューブから取り出して使う点が大きな特徴です。

洗顔フォームは手軽で使用感を重視して選べる点もメリット

洗顔フォームのメリット・デメリット

このタイプのメリットはなんと言っても適量を手軽に使用することができる点です。必要な量をチューブから出したうえで手にとって使用することができます。泡立てていく過程で足りないと思ったら加えながら調節していくことができますし、洗っている途中に泡が少なくなってきたら加えて泡立てるといった使い方も簡単です。こうした手軽さこそ洗顔フォームが多くの人から利用されるようになった理由でしょう。

 

また種類が豊富でいろいろなメーカーから製品が発売されている点も大きなポイントです。使いやすさのメリットに比べてそれぞれの製品独自のセールスポイントを備えており、乾燥肌向けのしっとりした使い心地や洗い上がりがさっぱりしたタイプなど使用感を重視して選んでいくこともできます。選択肢が多ければそれだけ自分にあった製品を見つけやすい、という点でも大きなメリットとなるでしょう。

 

このように使い勝手のよさがおもなメリットなのですが、一方でデメリットもいくつかあります。まず界面活性剤が多く含まれている製品が多い点です。水と油を溶け合わせる界面活性剤は洗顔料には欠かせないものですが、あまり多く使用されていると肌に刺激をもたらしてしまう恐れがあります。とくに安価な製品だと肌に負担をかける恐れがある石油系の合成界面活性剤が使用されている場合もあるので注意しましょう。

洗顔フォームには界面活性剤が配合されているものが多い・・

洗顔フォームのメリット・デメリット

この界面活性剤の影響もあって洗浄力が強いのも洗顔フォームの特徴です。よいことのように思えますが洗浄力が強すぎると肌の保湿やバリア機能の維持に必要な皮脂やセラミドなども汚れと一緒に落としてしまいやすくなるため、肌環境が悪化する恐れがあります。

 

とくに乾燥肌・敏感肌の方は注意しましょう。洗顔フォームは価格が安い製品が多くコストパフォーマンスに優れている一方、製造コストを安く抑えるために刺激の強い成分で洗浄力を高めているケースも多いので気をつけたいところです。

 

泡立てやすい一方で泡が長持ちしないため最初のうちは泡で洗っていたのにいつのまにか指で擦って洗ってしまう、といった泡の持続性もデメリットとして挙げておきましょう。こうした洗顔フォームならではの特徴がもたらすメリット・デメリットの両方をうまく踏まえたうえで活用していけるかどうかがポイントです。
コスメルジュ編集部が選んだ40代におすすめの洗顔料>>

40代に使ってみたい人気の洗顔料

然 よかせっけん

よかせっけん

毛穴の悩みに2,400万個突破!@コスメ口コミ1位の完全無添加洗顔料
1,800円税別/定期コース1,705円・税別
更に詳しく見てみる>>

資生堂 プリオール オールクリア石鹸

資生堂 プリオール オールクリア石鹸

メーク落としもOK!洗うだけで乾燥小じわを目立たなくする洗顔石鹸
1,944円・税込
更に詳しく見てみる>>

ポーラ Dソープ

ポーラ Dソープ

40代の毛穴と乾燥のWトラブルを解消!ポーラの隠れたロングセラー商品
100g2,700円・税込
更に詳しく見てみる>>

いつかの石けん

いつかの石けん

毛穴の黒ずみを酵素の力で強力に洗い流す!製薬会社が作った洗顔石鹸
1600円・税別
更に詳しく見てみる>>