つっぱりやすい、カサつく・・乾燥しないクレンジングと洗顔の仕方は?

乾燥肌や敏感肌はもちろん、乾燥した部分を抱えている混合肌にとってもクレンジングと洗顔は厄介な悩みの種です。清潔な環境を維持し、メイクや汚れが肌に負担をかけないためにもスキンケアの一環として欠かせない過程となるわけですが、その作業の際の刺激で肌環境がますます悪化してしまう恐れもあるからです。

乾燥を防ぐには洗いすぎないことが大事

乾燥しないクレンジングと洗顔

肌に刺激を与えず、保湿ケアを心がけてクレンジングと洗顔を行っていくためにはどうすればよいのでしょうか?まず基本は神経質に洗いすぎないこと。清潔を過剰に意識してしまった結果、本来必要な分の皮脂までも除去してしまうケースがよく見られます。その結果肌の保湿力とバリア機能が低下してしまい、洗顔後に急速に水分が失われてしまう状況になります。

 

さらにバリア機能の低下によって外部からの刺激を受けやすくなり、活性酸素の増加によって老化が進行しやすくなる点も厄介です。

 

ですから適度な洗浄力を備えた製品で肌に負担をかけずに洗っていけるクレンジング剤、洗顔料を選んでいく必要があるのです。製品選びでは肌環境とも関わってくるので一概には言えませんが、刺激に敏感になっている肌にはクレンジング効果を備えた洗顔料がオススメです。

乾燥肌は場所によってクレンジング剤を使い分ける方法も

乾燥しないクレンジングと洗顔

ダブル洗顔を避けることで保湿力が低下するのを最小限に抑えることができるからです。この点はダブル洗顔を行わなくてもしっかり落とせる範囲でメイクを行うなど、スキンケア環境全般への配慮も必要です。

 

あるいはクレンジング剤選びでは刺激が強いオイルクレンジングではなくクリームタイプやジェルタイプを選ぶのもポイントです。これらのタイプはオイルクレンジングに比べて洗浄力に劣るため、やはりメイク環境との兼ね合いが重要なポイントとなります。

 

なお、クレンジング剤には塗付して洗い流すだけで落とすことができるタイプもあるので摩擦の刺激が気になる方は試してみるとよいでしょう。

 

混合肌の型にはもうひとつ、場所によってクレンジング剤を使い分ける方法もあります。脂っぽい部分には洗浄力に優れたオイルクレンジングを使用し、目元や口元など乾燥しやすい部分には先述した刺激が少ないマイルドなクレンジング剤を使用する。そうすることでダブル洗顔の負担を最小限に抑えることができるはずです。
コスメルジュ編集部が選んだ40代におすすめの洗顔料>>

40代に使ってみたい人気の洗顔料

然 よかせっけん

よかせっけん

毛穴の悩みに2,400万個突破!@コスメ口コミ1位の完全無添加洗顔料
1,800円税別/定期コース1,705円・税別
更に詳しく見てみる>>

資生堂 プリオール オールクリア石鹸

資生堂 プリオール オールクリア石鹸

メーク落としもOK!洗うだけで乾燥小じわを目立たなくする洗顔石鹸
1,944円・税込
更に詳しく見てみる>>

ポーラ Dソープ

ポーラ Dソープ

40代の毛穴と乾燥のWトラブルを解消!ポーラの隠れたロングセラー商品
100g2,700円・税込
更に詳しく見てみる>>

いつかの石けん

いつかの石けん

毛穴の黒ずみを酵素の力で強力に洗い流す!製薬会社が作った洗顔石鹸
1600円・税別
更に詳しく見てみる>>