肌トラブルが増える40代敏感肌の正しい洗顔方法とは?

敏感肌のケアに関してはまず洗顔環境の見直しが欠かせません。いくら効果で評価の高い化粧水、美容液を使用していても洗顔が適切なではない場合は十分な効果が期待できませんが、そもそも洗顔が原因で敏感肌が悪化してしまっているケースも非常に多いのです。

敏感肌は低刺激な洗顔料で優しく洗うことが大前提

敏感肌の洗顔方法

敏感肌に最適な洗顔の仕方の大前提は肌に余計な刺激を与えないことと、必要な皮脂まで除去しないことです。刺激に敏感になってしまう最大の原因は乾燥とバリア機能の低下です。

 

これは老化による角質層の保湿力の低下が大きな要因なのですが、現代社会ではそれと同じくらい過剰な洗顔も原因となっています。

 

現代の日本人は清潔意識が過剰なため本来表皮で水分とバリア機能を維持するために皮脂膜を形成している必要な皮脂までも除去してしまうことが多いのです。スキンケア製品の宣伝の影響による「皮脂=汚れ」というイメージもそうした過剰な洗顔の原因となっています。

 

ですから皮脂膜の形成・維持に必要な皮脂は残しつつ、汚れの原因や毛穴を詰まらせる余分な皮脂だけを除去していくような洗顔が求められるのです。敏感肌の方はもともと皮脂の分泌量が少なめですから、それほど一生懸命皮脂を落とす必要はありませんし、洗浄力が強い洗顔料を使用する必要もありません

敏感肌はよく泡立てた泡で刺激を避けた洗顔を

敏感肌の洗顔方法

刺激・洗浄力ともにマイルドなものを選びましょう。もちろん、石油系の合成界面活性剤のような肌に負担をかける恐れがある添加物の存在にも注意が必要です。

 

そして洗う際の摩擦による刺激をできるだけ避けること。これも過剰な清潔意識からつい指でゴシゴシと強く洗ってしまいがちですが、それが結果的に敏感な肌に負担をかけてしまいます。

 

この摩擦による刺激を抑えるためにはよく泡立てることが大事です。よく泡立てて泡の吸着力で汚れを毛穴からかきだし、表皮から浮き上がらせることで強く擦らなくても落とすことができます。そのためにも泡立ちがよく、泡がすぐになくならない泡持ちがよい洗顔料を選びましょう。フォームタイプよりも固形石鹸の方がお勧めです。

 

こうした最適な洗顔のポイントを踏まえたうえで毎日の洗顔を行っていけば肌への刺激を抑えつつ、化粧水・美容液などでの敏感肌ケアの効果を引き出すことができるはずです。
コスメルジュ編集部が選んだ40代におすすめの洗顔料>>

40代に使ってみたい人気の洗顔料

然 よかせっけん

よかせっけん

毛穴の悩みに2,400万個突破!@コスメ口コミ1位の完全無添加洗顔料
1,800円税別/定期コース1,705円・税別
更に詳しく見てみる>>

資生堂 プリオール オールクリア石鹸

資生堂 プリオール オールクリア石鹸

メーク落としもOK!洗うだけで乾燥小じわを目立たなくする洗顔石鹸
1,944円・税込
更に詳しく見てみる>>

ポーラ Dソープ

ポーラ Dソープ

40代の毛穴と乾燥のWトラブルを解消!ポーラの隠れたロングセラー商品
100g2,700円・税込
更に詳しく見てみる>>

いつかの石けん

いつかの石けん

毛穴の黒ずみを酵素の力で強力に洗い流す!製薬会社が作った洗顔石鹸
1600円・税別
更に詳しく見てみる>>